サラリーマン マイル 貯める 

スポンサードリンク

サラリーマンでもマイルを賢く貯めてタダ同然で旅行にいけるんです。

マイルって貯めていますか?

 

最近ではカードを使ってマイルを貯めている人もとても増えているようですね。

 

マイルを使うと海外旅行や家族旅行もタダ同然に行けたりするので一度その喜びを味わうとやみつきになるみたいです。

 

 

でも飛行機を使わないから、マイルなんかそんなにたくさんたまらない、
と思ってマイルに興味がない人のほうが多いかもしれません。

 

私もマイルなんかに興味はまったくありませんでした。

 

でもこの教材を見てびっくり!

 

マイルなんかにまったく興味がなかったのに、今までどれだけ損をしていたのかと思うと本当に残念でなりません。

 

本当に残念・・・。

 

沖縄が大好きで家族旅行で毎年沖縄に行っていましたが、なぜもっと早くこの方法を
知らなかったのかと思うと本当に残念でならないのです。

 

 

この教材の方法だと月収18万円でも年間5万マイル貯まる方法が800ページわたって
とても詳細に書かれています。

 

やることといえば毎日の買い物や食事するときにちょっと気をつけるだけでいいんです。
まったく難しい事をする必要はありません。

 

マイルは飛行機にたくさん乗らない人には貯まらない、と思っている人は大間違い!

 

例えば

 

●和民
●ドコモ
●マツキヨ
●TUTAYA
●ユニクロ
●楽天市場
●タクシー
●レンタカー
●ENEOS
●出光
●吉野家
●大戸屋
●リンガーハット

 

なんて誰でも知っているし、一度は利用したことがある人がほとんではないでしょうか?

 

さらに地域や会社などによっても違いますが

 

●電気
●ガズ
●水道
●電話
●自動車税
●住民税
●国民健康保険

 

なんてものもマイルを貯めるものに該当するんです。

 

先ほどの5万マイル、ってありますが、5万マイルにどれだけの価値があるのか
わからない人にお伝えしておくと(私もこの教材で初めて知ったのですが)

 

羽田ーロサンゼルスの往復航空券に相当します。(正規運賃394,600円)

 

マイルはANAの利用券と交換もできて、その利用券でホテルやレストランに利用できるので
国内旅行であれば、5万マイルで時期にもよりますがタダ同然の旅行ができてしまうんですね。

 

この教材のすごいところは普通で獲得できるマイルの何倍ものマイルを獲得できてしまうところ。
今までマイルをコツコツ貯めていた人も今まで知らなかった自分に悔しい思いをするかもしれません。

 

消費税も上がると言われていますし、電気料金もいつ値上げになるかわからない、
旅行の費用まではこれから貯めることが難しくなっていくでしょう。

 

今までマイルを貯めていた人も、ちょっとマイルを貯めてみたいと思った人も
損をするのがどうしても嫌だという人も、見てみる価値はありますよ。

 

年間5万マイル貯めるノウハウ⇒アイススカイアンバサダー