営業トーク戦略 営業トークスムーズ

スポンサードリンク

4,営業トークをスムーズに進める話し方

スポンサードリンク

営業マンが会話をスムーズに行えるかどうかは非常に重要です。

 

たとえすばらしい商品、すばらしいサービス、を持っていたとしても
営業マンがまわりくどく長く話しをしたり、矢継ぎ早に質問をしては、
お客様は聞き役に徹してしまうため、この営業マンは何をしにきたのだろう?
と考え早く帰って欲しいと思ってしまいます。

 

お客様と話をするときに大事なことは
お客様の話をよく聞き、営業マンが真剣に聞いてもらっていることで
信頼感を持ってもらい、
いま抱えている問題点を解決してくれるという期待感を持ってもらうことです。

 

特に初期の段階では相手は忙しく時間がないことが多いので

 

○簡単に

 

○端的に

 

○わかりやすく

 

話をするように心がけることが重要です。

 

さらに具体的な3つの方法を挙げます。

 

⇒次、@営業トークをスムーズにする為の具体的方法1,確認するへ

4,営業トーク戦略記事一覧

@営業トーク具体的方法●確認する

スポンサードリンク会話をスムーズに行うための具体的方法の1番目は「確認する」ことです。例○「〜だということですか?」○「ということは、〜しだいだということですね?」○「つまり〜でいいんですね?」○「〜ということでよろしいんですね?」といった話し方があります。「確認する」ことは○営業マンがお客様が述べ...

≫続きを読む

A営業トーク具体的方法●同意する

スポンサードリンク会話をスムーズに行うための具体的方法の2番目は「同意する」ことです。例○「なるほど、それは大切ですよね。その点についてもう少しお聞かせいただけますか?」○「それはすばらしいですね」○「おっしゃるとおりだと思います」といった話し方があります。「同意する」ことは○お客様の話を理解し、尊...

≫続きを読む

B営業トーク具体的方法●橋渡しをする

スポンサードリンク会話をスムーズに行うための具体的方法の3番目は「橋渡しをする」ことです。例○「先ほど〜とおっしゃいましたが、それは、いま説明していただいたことと、何か関連がありますか?」○「今お話いただいたことに関して、2,3お伺いしたいことがありますがよろしいですか?」「橋渡しをする」ことは○今...

≫続きを読む