営業ニーズのつかみ方

スポンサードリンク

2,営業ニーズのつかみ方

スポンサードリンク

営業マンとして、お客さまのニーズをつかむこと、理解することはとても重要です。

 

だからといって、

 

「何を望んでいますか?」
「ニーズはなんですが?」

 

と営業相手に聞くこともできませんし、コミュニケーションが取れている場合はともかく、
たとえ聞いたとしても教えてくれることはありません。

 

本屋で売られている営業の本なんかには、
「何か困ったことはありませんか?」
と聞けばよい、なんて書いてありますが、初めてのお客さまに聞いたところで、そんなこと教えてくれません。

 

というか気持ち悪がられるだけです。

 

というわけで、ニーズをつかむことはかなり難しい作業です。

 

ただ、営業活動においてニーズをつかまなければ、商談の方向付けが難しいですし、商談が正しい方向に進まなくなります。

 

そこで、ニーズをつかむには、

 

まずは営業相手の状況を注意深く観察する

 

ことが重要になります。

 

⇒次、@営業ニーズを見つけるには状況を観察するへ

2,営業ニーズのつかみ方記事一覧

@営業ニーズを見つけるには状況を観察する

スポンサードリンクたとえば、スーパーの清掃会社の営業マンだったとしましょう。とあるスーパーに初めて営業にいきまいた。そのスーパーは@半年前に、近隣に新しいスーパーができ、新しいスーパーと同じ営業時間にするために20時から23時閉店に変更した。A取り扱う商品の数も増えているようでお店の売り場の陳列まで...

≫続きを読む

A営業ニーズを見つけるため相手のニーズを探る

スポンサードリンク2−@で営業相手の状況を観察し営業ニーズの予測を立ててみました。営業活動をする上で状況を観察し予測を立て商談に臨むことは非常に重要です。そこでお客さまと実際に面談し話しをいろいろと聞いていきます。その際、先ほどの営業ニーズの予測をたてたことを中心に話をしていきます。ただし、こちらが...

≫続きを読む