訪問目的 営業の訪問目的の明確化

スポンサードリンク

B営業先への訪問目的を明確にする

スポンサードリンク

Aで営業活動におけるイベントを設定しました。

 

このイベントの同意を得ようとすること、それが訪問目的になります。

ただ、このイベント通りにはなかなかうまくはいかないものです。

 

1−Aの例であれば、

 

初回のプレゼンテーションは無事に終わった。
この次はアンケートの実施だ!!

 

とアンケートの実施を次回行いたいと訪問目的を設定し、営業先に御願いをします。

 

しかし、アンケートはまだちょっと・・・・、こちらからまた連絡しますよ。

 

と言われた場合、連絡があることはほぼないと思ってまちがいありません。

 

そういう場合のために、もうひとつ訪問目的を決めておきましょう。

 

たとえば、自社のサンプルを見てもらう、別な人と面談させてもらうなどなど、
その場に応じて訪問目的を使い分けることが重要です。

 

できれば、もうひとつの訪問目的は事前に用意しておくことが望ましいです。

 

その場で設定できれば問題ありませんが、たいていの場合、その場では思いつかないものです。
そうなると、そこで営業活動がストップしてしまい、営業相手からの連絡次第ということに
なりかねません。

 

⇒次、C営業先のキーマンを見極めるへ

B営業先への訪問目的を明確にする関連ページ

@営業活動に影響を与える事柄を分類する
営業活動に影響を与える事柄を分類していきます。
A営業活動におけるイベントを設定する
営業活動におけるイベントを設定しましょう。
C営業先のキーマンを見極める
営業先のキーマンを見極めましょう。